ホームヘルパーの仕事内容

ホームヘルパーの仕事内容は実際、どういったものなのでしょうか?
資格取得の「実習」で基礎は学んでいると思いますが、実際の現場ではどうなっているのでしょう。その点について解説します。

ホームヘルパー2級の場合は家事援助メインの仕事

仕事の内容は ホームヘルパーの仕事内容は、「家事援助」「身体介護」「相談助言」の3つがありますが、訪問介護でホームヘルパー2級として仕事を行う場合は、「家事援助」がメインとなっているようです。

「家事援助」は、洗濯、買い物、調理、掃除、身の回りのお世話などをお手伝いすることです。
訪問介護の場合、利用者の自宅で行うため、自分勝手に行うのではなく、利用者の「援助」をするという意識を持って、家事を行う必要があります。

「身体介護」を行う場合もありますが、各家庭では介護施設のように環境が伴っていないことがほとんどですので、訪問したホームヘルパーの仕事としてではなく、デイケアサービスなどを利用している方が多いでしょう。

隠れた仕事内容として、一番大きな部分は「相談助言」かもしれません。
体が不自由になってしまい、精神的にも不安を持つ方の心のケアは重要な仕事と言えるでしょう。
いくら、「家事援助」「身体介護」が上手にこなせたとしても、心のこもったケアができなければ、信頼されるホームヘルパーにはなれません。
この「相談助言」はホームヘルパーとしての重要な仕事の一部と言えるでしょう。