ホームヘルパー2級も廃止に?

厚生労働省はこのほど、現行のホームヘルパー2級(訪問介護員養成研修2級課程)を2012年度末で廃止する方針を固めた。
                                          ※2011年11月CareerBrainより

ホームヘルパーの資格が廃止になるというのは、2008年の2月の厚生労働省改正案の発表から言われていたことですが、今まではっきりとした具体案は出ておらず、実際にはどうなるのかわからないままでした。
「このまま、ホームヘルパーの資格をとっても使えない資格になるのでは?」
「今、取っておいた方が有利?それとも無駄?」
「すでに資格を持っている人は働けなくなる?」
など、様々な説がささやかれていました。

しかし、今回、数年ぶりに正式に、上記のような発表がでました。
さて、ではこれからホームヘルパーの資格はどうなるのでしょうか?

廃止になってもホームヘルパー2級の資格は有効!

13年度からは130時間の講義・演習などからなる「介護職員初任者研修課程」(仮称、初任者研修)に移行させる。現在のホームヘルパー2級修了者は、13年度以降は初任者研修の修了者と見なされ、引き続き働くことができる

一番気になるのは、ホームヘルパー2級の資格をとっても、もう仕事ができなくなるのでは?という点ですが、上記のように、12年度までに取った「ホームヘルパー2級」の資格は、「介護職員初任者研修課程」の修了者という扱いになり、今までどおりに仕事ができます
取得資格の名称が変わるだけで、新しい「介護職員初任者研修課程」と同等に評価されるということです。

新しく研修を受けたり、試験を受けたりすることはなく、そのまま移行できるという形に案がまとまったようです。
現在資格を取得済みの方は、ほっとしたのではないでしょうか。

取るなら今?2013年度から筆記試験が実施されます

新しく設けられる初任者研修のカリキュラムは、▽介護における尊厳の保持・自立支援▽介護・福祉サービスの理解と医療の連携▽認知症の理解▽生活支援技術―などで、講義と演習で構成される。受講時間はホームヘルパー2級と同等の130時間だが、修了時には理解度を確認する筆記試験も課される



おすすめスクール紹介ページへ


今回の発表で、もう一つ重要なのは、ここです。
今までホームヘルパー2級は、決められた講習を受ければ無試験で資格が取得できましたが、13年度以降の 「介護職員初任者研修課程」では、終了時に筆記試験が実施されるようになるということです。

難易度はそれほど高くはないと予想されますが、やっぱり試験は試験、規定に満たなければ不合格者も当然出るということ。
これを考えると、ホームヘルパー2級の資格取得を考えている人は、廃止になる前の2012年度内に資格を取得してしまう方がいいでしょう



2013年4月からはこちら!!

上記の通り、今までのホームヘルパー2級の資格は、2013年3月末で廃止になり、これからは新しく「介護職員初任者研修」という資格へと変わります。
すでに「ホームヘルパー2級」の資格を取得済みの方は、「介護職員初任者研修」の修了者(資格取得者)とみなされます。

これからホームヘルパーの2級を取得しようと思っていた方は、「介護職員初任者研修」の講座を受講して下さい。
新しい「介護職員初任者研修」の資格については、こちらのサイトで解説しています!

【介護職員初任者研修】講座比較ガイド